2019年1月度実績【副業編】

実績報告(副業)
スポンサーリンク

私にとって2019年は自称「副業はじめてみよう元年」として位置づけており、自分に合う副業を探す年にしたいと思っています。

1月は「アンケートモニター」「クラウドソーシング」および「ブログ」の3つをはじめてみたのでその収入と感想をまとめました。初月なのでちょっと長めですが、どれも本当に今月からはじめたものなので「初心者だけどこれからはじめてみようかな」という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アンケートモニター 2019年1月の収入

大手モニターサイト「マクロミル」に登録し、一日数件のアンケートに回答

アンケートモニターとは企業や自治体、研究機関などが企画したアンケートをアンケートモニター会員サイトを通じて回答することでポイントを貯め、そのポイントを現金に換金することで収入を得る副業の一種です。

アンケートは身近な食品に関するもの(チョコの好みとか)から人生設計に関するものまで様々で、全てに答えないといけないわけではなく、内容を見て答える/答えないを自分で選択することができます

私は大手のモニターサイト「マクロミル」に登録して、毎晩ポチポチとアンケートに答えています。

アンケートは「事前アンケート」と「本アンケート」に分かれていて、事前アンケートはすぐに回答できる(1-2分)けど2-5ポイントくらいしかもらえず、本アンケートは少し時間がかかる(5-10分)けど50-100ポイントくらいもらえるといった形になっています。

2019年1月の収入 (アンケートモニター)

2019年1月の収入は766円相当分(766ポイント)でした。

回答したアンケート数は126件で、1件あたり6円くらいの計算になります。

マクロミルのメリットは「振り込み手数料はマクロミル負担」なので、ポイントがそのまま金額に換算できます。

1ヶ月やってみた感想(アンケートモニター)

126件答えるのにかかった時間を計算してみると、1件あたり仮に2分としても252分、約4時間です。

いくらスキマ時間に回答しているとはいえ4時間で766円(時給換算200円未満となると、4時間他のことをやったほうが良い気もしてきます。。(もちろん副業を時給換算するのはどうかという考え方もあります)

ということで、2月に入ってからは回答もほとんどできていないのが現状です。ただ細々とは続けてみるつもりです。

本当に稼ぐなら商品モニターや対面インタビューが有効

ただ、これで「アンケートモニター儲からない!ダメだ!」と結論づけるのは早いです。

本当にアンケートモニターで稼ごうとするなら「商品モニター」「対面インタビュー」なくしては語れません。

「商品モニター」は、郵送されてきた商品を使ってみて感想を一回あるいは継続してレポートするもので、およそ数百円程度の謝礼が、「対面インタビュー」は都内某所に集められ、1対1やグループインタビューなど様々な形式(そのときによる)で新商品の感想や、普段の行動についての話し合いなどを行うもので、一回だいたい5,000円~10,000円程度の謝礼が支払われます。

私も過去に仕事でグループインタビューを企画する側に立ったことがあるのですが、プロのインタビュアーの方がいて和やかな感じで質問が進んでいくので自分のことを話すのが嫌いでなければ悪くない副業だと思います。

今はフランス在住なのでどちらも参加できませんが、帰国したらやってみたいと思います。

興味がある方は以下リンクからマクロミルのHPに飛べます↓

スキマ時間で楽しくポイントGET|マクロミル

クラウドソーシング 2019年1月の収入

クラウドソーシングとは?

私もクラウドソーシングという言葉は1月に調べるまで全く知らなかったのですが、簡単に言ってしまうと「Web上で人の仕事を請け負ってお金を稼ぐことができる」システムです。これは請ける側の目線ですが、逆に依頼者としてWeb上で人に仕事をお願いすることもできます。

大手「クラウドワークス」に登録してライターの仕事をやってみた

正直どんな仕事があるのか、自分にできるのか全くわからなかったのでとりあえず大手の「クラウドワークス」に登録してみました。

自分が得意なことや好きなもので探せると良いなと思い、エクセル関係の仕事を探してみると出てくる出てくる。単純なデータ入力の仕事がほとんどですが、割と支払い金額の大きそうなものもでてきます。

私は今後のブログ執筆の参考にもなりそうだったので、「経験不問」「マニュアルをお渡しします」「添削します」と条件に記載のあったライティングの仕事をやってみました。

今回やったライティングの仕事は車関係のアフィリエイトブログの記事を書くものでした。だいたい3000字くらいの記事を計4本書きました。

Webで情報を調べながらまとめ記事を書くといったやり方なので専門知識は不要で、車は好きだったのでなんとかこなすことができました。

2019年1月の収入 (クラウドソーシング)

2019年1月の収入は2,592円でした。

書いた記事は4本で、テスト原稿1本が600円/本、本原稿3本が800円/本でした。

単純計算だと3,240円(税込)の収入ですが、そこからシステム手数料が20%引かれるため結果的にこの金額となりました。

1ヶ月やってみた感想(クラウドソーシング)

金額だけみるとアンケートよりはかなり稼げているように見えますが、記事1本書くのにだいたい4時間くらい費やしたので、時給換算すると162円とこちらもかなり残念な結果になってしまいました。

ただ、今回書いた記事は文字単価が0.3円くらいとかなり安いものだったのでもう少し高い単価の仕事を見つけられれば少しはマシになるかもしれません。

しかしながら個人的にはクラウドソーシングでのライティングは以下2点から今後はやらないと思います。

  1. 締め切りが設定されていてストレスになった(これはライティングに限ったことではないですが)
  2. 人の記事を書くくらいなら自分のブログ記事を更新したくなった

クラウドソーシングはやはりオンライン上とはいえ、クライアントに納期をコミットして仕事をしますので、「なんか今日は気分が乗らないなぁ」というときでもちゃんと仕事をこなさなくてはなりません。

当たり前といえば当たり前のことなのですが、私が副業に求めている姿とは違いました。

また、4時間かけて1記事を書くって結構な労力なので、それだったら自分のブログの記事を書いたほうが、短期的には利益にならなくても長期的にみたときに財産になるのではと思ってしまいました。

ただ、ガチガチのアフィリエイトブログに携わったので、SEO対策とか書き方のポイントとかをお金をもらって学べたという点では、自分にとって非常に良かったとおもっています。

クラウドソーシングをやってみたいという方へ、リンクはこちら↓

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ブログ 2019年1月の収入

2019年1月の収入 (ブログ)

ブログに関しては余計な説明は不要だと思いますのでいきなり収入にうつります。

2019年1月の収入(アフィリエイト、Googleアドセンスなど含む合計)は73でした。

あ、今笑った人・・・いますか?桁間違いではなく正しい金額です。73円

初月のPV数は675でした(Wordpress内プラグインでの計測)。

1ヶ月やってみた感想(ブログ)

個人的には「本当に収入が発生した!!」というところにまずは驚いています(最低振込金額が8,000円なのでまだ実際には実現していない収入ですが)。

「ブログを開設して、記事をかいて、それを読んでくださる方がいて収入が発生する」、頭では分かっていた流れでしたが、実際に自分でそれを経験すると73円とはいえなんともいえない喜びがありました。

とはいえ、以下記事でも紹介したとおりブログ維持には月1,000円強がかかりますのでこのままでは完全に赤字です。

もう少しがんばらないとな~と思います。といいつつ2月は色々あって全く書けていませんが。。

2019年1月副業収入まとめ

1月の収入をまとめると以下の通り計3431円となりました。上述の通りブログ運営維持費が1000円強かかるので、ブログ分の赤字を他の副業でまかなっているという状況です。

  金額 備考
アンケートモニター 766円 回答アンケート126件
クラウドソーシング 2592円 ライティング4件
ブログ 73円 11記事、675PV
収入計 3431円  

※ブログ金額はアフィリエイト、アドセンスなど含む総額。PV数はWordpress内プラグインでの計測

2月は私生活が色々と忙しいので(早くも言い訳)、どれくらいできるかわかりませんがアンケートモニターを細々とやりつつブログを書いていければと思います。

また来月以降も公開しますのでいつブログ単体で黒字化するかお楽しみに!

コメント