フランスのヨーグルト徹底比較! おすすめのヨーグルトは? 【チェリー編】

パリ生活
スポンサーリンク

フランス パリでスーパーに行くと驚くのが乳製品の品揃えの数ですよね!

チーズやヨーグルトだけで相当なスペースを占めています。

私はヨーグルト(特にチェリー味)が大好きなので、今回はそのチェリー味についていくつか食べ比べた結果を独断と偏見でご紹介します。

スポンサーリンク

日本ではあまりメジャーではないチェリー味の魅力

私がチェリー味のヨーグルトにやみつきになってしまったのはフランス パリにきてすぐのことでした。

フルーツアソートみたいなヨーグルト8個パックで色んな果物のフレーバーがセットになっているものを購入し たところ、生まれて初めて食べたチェリー味のヨーグルトが美味しくて虜になってしまいました。

魅力はヨーグルトに入った大きめのチェリーのぷりっとした食感と、どことなく人工的な感じのする日本のさくらんぼには無い甘い香りと味です。(表現がすごく難しいのですが、アメリカンチェリーってなんかカクテルのような人口甘味料のような特別な味がしませんか?)

日本でチェリーのヨーグルトってあまり見たことがないなぁと思ってインターネットで調べてみましたが、チェリー単独のものはたったの2種類しかでてきませんでした。(「小岩井ホームメイドスタイル ダークスイートチェリーヨーグルト」と「ダノンオイコスアメリカンチェリー」)

しかも、現在はどちらも販売終了している様子。。

つまり日本で買えるチェリーヨーグルトは一切無いという状況。

どんだけ人気ないんだチェリー…おいしいのに!

フランスのスーパーで買えるチェリーヨーグルト3選 完全比較!

本題に移ります!今回は近くのモノプリで売っていた以下の3種類のチェリーヨーグルトの比較をしてみました!

今回食べ比べたのは以下の3製品です。

1. Mamie Nova Gourmandシリーズ

2. Danone Activiaシリーズ

3. Danone Taillefineシリーズ

今回食べ比べたヨーグルト3種

一番お得なヨーグルトはどれだ!?価格を徹底比較!

それではまずは価格から比較してみたいと思います。

店頭だと日によって値段が違うことがあるので、今日(2019年1月19日)時点でのモノプリホームページ(https://www.monoprix.fr/)での価格での比較です。

  Mamie Nova
Gourmand
Danone
Activia
Danone
Tailefine
包装単位
容量
2個パック
150mg/個
4個パック
125mg/個
4個パック
125mg/個
価格/パック 1.35 € 1.59 € 1.49 €
価格/1個あたり 0.68 € 0.40 € 0.37 €
価格/100gあたり 0.45 € 0.32 € 0.30 €

純粋なグラムあたりの価格ではDanoneの2製品が割安感あり!

まず、価格を比較する上で最も純粋な比較と考えられる100gあたりの価格で比較してみます。

DanoneのActiviaとTailefineが約0.3€でほぼ同じ、それに対してMamie NovaのGourmandは0.45€(約1.5倍)とやや割高になっています。

次に1個あたりの価格で比較してみます。

こちらも同様にDanone勢が約0.4€であるのに対し、Mamie Novaは0.68€(約1.7倍)と割高になっています。もちろんMamie Novaは1個あたりの容量が150mgとDanone勢の125mgに対して約1.2倍と大きいので1個あたりの価格が高いのは当然ですが、我々消費者がどこまでその違いに気づくかは怪しいので、やはり割高感があります。

最後に単純に1パックあたりの価格(実際に購入するときの価格)で比較してみます。

こちらは一転、Mamie Novaが1.35€であるのに対し、TailefineとActiviaはそれぞれ1.49€、1.59€と価格差が逆転します。Danone勢が4個入りなのに対してMamie Novaは2個入りなので安くて当たり前なのですが、店頭の値段だけを見た場合に一見安いMamie Novaを買っている人も案外いるかもしれません。

毎日1個ずつ食べたとしたら1ヶ月では約9€、1年間では約109€の差になる

0.1€とか0.2€とか細かい金額なんて誤差でしょ!と思われるかもしれませんがヨーグルトは結構毎日食べるものなので、積み重なると結構な差になります。

実際に仮に1ヶ月(30日)、1年間(360日)毎日食べたとして計算すると・・・

  Mamie Nova
Gourmand
Danone
Activia
Danone
Tailefine
1ヶ月(30日)あたり 20.25 € 11.93 € 11.18 €
1年(360日)あたり 243.00 € 143.10 € 134.10 €

Mamie NovaとDanone Tailefineでは1月あたり約9€(約1200円)1年あたり約110€(約14000円)の差がでます。結構大きいですね!

仮に4人家族で全員が毎日食べたとすると年間約440€(約56000円)、でかい!

気になるカロリーや脂肪分 成分の比較

さて、続いては成分を比較してみたいと思います。

こちらもMonoprixや各社製品ホームページより抜粋しました。

100gあたり Mamie Nova
Gourmand
Danone
Activia
Danone
Tailefine
カロリー 104kcal 90kcal 47kcal
脂肪分 2.5g 3.4g 0.1g
炭水化物 17g 11.4g 7g
(うち糖類) 16g 11g 6.6g
たんぱく質 3.3g 3.3g 4.4g

これは結構おもしろいですね。それぞれの製品の特徴がよくでています。ちなみに炭水化物中の糖類とはブドウ糖や果糖などです。炭水化物ー食物繊維=糖類だそうです(日訳と解釈は以下ブログを参考にしました)

成分表示の英語
今回は成分表示の英語について。 糖質制限をしていて海外モノの「成分表示」を見たい場合、ありますよね。 でも当然英語などで書いてあります。 という事で、その英語について。 まず、 Nutrition Facts(栄養成分表示) に出てくる Sugars...

成分的にはTailefineが優秀ですね。Tailefineはどうも脂肪0のブランドのようです。カロリーも一番低いし、低脂肪高タンパク。

ただ、乳酸菌とかはこの表では分からないので、もちろんこの栄養素が全てってわけではないですけどね。それを期待してヨーグルトを食べている人も多いでしょうし(私もその一人です)。

この後味のレビューをしますが、成分表と味は当たり前ですがリンクしていますね!食べ物っておもしろい。

一番美味しいのはどれだ?!味の比較

さて、いよいよ一番重要な味の比較にうつります!かなり主観が入りますが一つずついきます。

デザート色の強いMamie Nova Gourmand

Mamie NovaのGourmandシリーズはヨーグルトだけではなくチョコレートのムースやクリームの乗ったもの、ティラミスやシリアルが入ったものなど様々なタイプがあります。どれも本当においしくて、しっかりしたデザートのブランドといった印象です。

ちなみに私はこのブランドのココナッツが大好きです。(以下tweet参照)

で、何が言いたいかといいますとこのチェリーヨーグルトも同じように「デザート」としての完成度がすごく高いです。まず、結構甘い他の2種に比べて明らかに甘みが強いです。成分表でも糖類も多いのでその通り。

あとはチェリーの大きさは個体差はあるかもしれませんが結構大きくてゴロゴロ入っている。食べ応えがあります。実は3種類のヨーグルトの中でチェリーの含有量が一番多いのはこのMamie NovaのGourmandシリーズなんです。この商品は10.6%で他の2製品は8%。実際に食べてもその差が感じられます。

量も唯一150グラムなので、単なるヨーグルトとしてではなく一品のデザートしてしっかり楽しめる商品だと思います。

ヨーグルトの王道!Danone Activia

Danone Activiaは日本ではダノン BIO(ビオ)として売られているので日本人にもなじみのあるブランドとパッケージデザインです。(昔はフランスでもBIOというブランドだったが、フランスでBIOと名乗るには有機食品の規定?を満たさなければいけなくなったので変わったらしい)

味は正統派ヨーグルトといった感じで加糖なので甘いですがとても美味しいです。チェリーもMamie Novaほどではないですが大粒でしっかり入っています

ヨーグルトの王道的な商品だと思います。

甘さ控えめなDanone Tailefine

Danon Tailefineは脂肪ゼロのブランドなので、他2製品と比べるとあっさりした味なのが特徴です。

また、成分表を見ても糖分が他2製品に比べて少ないので、甘さ控えめです。同じDanoneのActiviaと比べても明らかに甘さが違います。

ただチェリーの量はActiviaと同等でMamie Novaほどではないですがしっかり入っているのでチェリーの甘みで十分デザートとしても楽しめます。

チェリー自体の味を一番楽しめるのは個人的にはこのDanone Tailefineだと思います。

チェリーヨーグルト3種比較まとめとヤリイカの個人的オススメ

これまでの比較をまとめた3製品の特徴は以下になります。


  • Mamie Nova Gourmand
    • 一番甘い
    • チェリーの量も一番多い
    • 量も一番多くて食べ応えがある(150g)
    • ただしやや値段が高い
      • 結論: 「単なるヨーグルトとしてではなくデザートとしてしっかり食べたい」人向け
  • Danone Activia
    • 一番ベーシックな味
      • 結論:「Mamie Novaだと甘すぎだけどDanone Tailefineだと甘さや濃厚さが物足りない」人向け
  • Danone Tailefine
    • 脂肪ゼロでヘルシー
    • 砂糖も一番少なくて甘さ控えめ
      • 結論:「甘さ控えめが好き」な人や「毎日食べるから脂肪ゼロでヘルシーなほうがいい」人 向け

ちなみに私個人はDanone Tailefineを続けています。理由は上記そのまんまで、毎日食べるからなるべく低カロリーがよいのと、Mamie NovaとActivia(特にMamie Nova)はちょっと甘いかなという理由からです。あとはコストもですかね。。

ただ疲れたときやガッツリチェリーを食べたいときはMamie Novaが食べたくなるかもです。それぞれ良い点があるので時々で楽しめればと思います!

他のヨーグルトも開拓したいと思いますのでまた追加があればレビューします。

コメント