子連れでディズニーランドパリ【ホテル編】 ディズニーランドホテルに宿泊した感想

旅行
スポンサーリンク

子連れディズニーランドパリ記録第2弾です。今回はホテル編。

私たちは直営ホテルの「ディズニーランドホテル」に2泊宿泊しました。当ホテルに宿泊した感想や感じたメリット、デメリットなどについてまとめます。

ちなみに当記事のアイコン画像にもなっている上の画像の建物がディズニーランドホテルです。パークの入り口や出口とほぼ繋がっていて、アクセスが最高に良いのがポイントです。

 

関連記事のパーク編はこちらから↓

スポンサーリンク

ディズニーランドホテル宿泊のメリット4点

パークととにかく近い!再入場も簡単!

とにかくアクセスが抜群に良い

ホテルの出口を出てパークの入り口まで目と鼻の先、その逆も然り。これは最高でした。

 

まずパークに入るときですが、「パーク編」の記事にも書いたとおり直営ホテル宿泊者は通常の開園時間よりも早く入園できるエキストラ・マジック・タイムが利用できます。

これはディズニーランドホテル以外の直営ホテルでも利用できるのですが、やはりパークからは少し離れておりバスを使わないといけないホテルもあります。エキストラ・マジック・タイムを最大限利用しようとすると、朝ホテルを出るのが結構早くなってしまいます。

その点、ディズニーランドホテルは本当に近いので開園ぎりぎりまでホテルの部屋でゆっくりすることができます。小さい子連れだと少しでもプライベートな空間にいられた方がありがたいので、私にとってはこのメリットは結構大きかったです。

 

また、パークを出るときも出口を出てすぐのところにホテルの入り口があるので、大量で重くなったおみやげを持っていたり歩きつかれてヘトヘトになった足でもすぐに部屋に戻ることができます。

また、私が今回感じた近さによる一番のメリットは「疲れたら一旦パークを出て部屋で休憩し、またすぐに再入場できる」です!これは本当によかったです!

外出していて子供が疲れてグズりだしたり乳児のミルクの時間がきたりすると「一度部屋で休めたらいいのに…」と思うことがよくありますが、それが実現できます!

実際に私たちもエキストラ・マジック・タイムで入場後にアトラクションや写真撮影、おみやげ購入を数時間たっぷり楽しんだ後、一旦ホテルの部屋にもどって休憩(子供は寝ていました)した後、再度体力を満タンにして昼過ぎからパークで遊ぶというスケジュールで楽しみました。体力的にも精神的にもすごくゆとりをもって遊べたので本当に良かったです。

ディズニーの世界観を損なわない内外装がすごい!

言わずもがな、外装・内装ともに夢の国にふさわしい素晴らしい装いでした。

ホテルの外装はパークとほぼ一体化していてディズニーの世界の城のようなデザインです。

ピンクの建物がディズニーランドホテル 下はパーク入り口やチケットブースが並んでいます

内装もとにかくディズニーの世界観が再現されていて素晴らしい。ホテルの中を歩くだけでわくわくした気持ちになります。

ホテルエントランス
廊下の絨毯や絵、時計も雰囲気があります
ホテル内ギフトショップ前のショーケース
宿泊した部屋の様子 照明やベッドのヘッドボードもかわいい
宿泊した部屋の様子2 絵や棚も世界観を損なわない統一感があります 

いわゆる一般のホテルだと、パークを出てホテルに入るとそこはもう現実世界という感じがしますがディズニーランドホテルの場合はホテルに帰ってもなお夢の国にいる実感があり、ディズニーランドをより長く楽しむことができたような感覚になりました。

キャラクターグリーティングがすごい!

ホテル内にキャラクターがいて、一緒に写真を撮ることができます

私が宿泊したときはレストランの前に写真撮影用にキャラクターがスタンバイしていて、初日はミニーマウスが、2日目と3日目はグーフィと一緒に撮影することができました。パークと違って撮影のための列もほとんどないのですぐに写真撮影できるのがうれしいです。

また、何故かわかりませんがプリンセスなどのキャラクターが普通に廊下を歩いていて、一緒に写真を撮ってもらっているお客さんもいました。

あとやっぱり一番のオススメはホテル内レストランで食事をする際のキャラクターグリーティングです!

私たちはディナービュッフェとモーニングビュッフェで1回ずつ利用しましたが、いずれもたくさんのキャラクターが順番に席まで来てくれてハグしてくれたり子供の頭を撫でてくれたりしました。もちろん一緒に写真もたくさん撮影できます。

ホテル内レストランは決して安くはないのですが(後述します)、このキャラクターグリーティングには本当に圧倒されました。子供も最高に喜んでいたし、超オススメです

ホテル内レストラン Inventionの様子
引用URL: https://www.disneylandparis.com/fr-fr/restaurants/disneyland-hotel/inventions/

ホテル周辺のスペースが子供との散歩におすすめ

ホテルすぐ近くのパーク入り口周辺のスペースもディズニーの世界観そのままに子供との散歩に最高のスポットとなっています。下の写真のようにとても開けていて、噴水やベンチ、ミッキーの顔をした植栽などもたくさんあり子供はこのスペースを走り回るだけでとても楽しそうでした。

ホテル及びパーク入り口周辺の様子

パーク開園前後だと混みあうので、パーク開園前あるいは開園後しばらくしてのお散歩がおすすめです。

私はホテルのチェックアウト直前に息子を疲れさせるためにこのスペースで息子を遊ばせましたが、人が多すぎて遊べないということは全くありませんでした。

 

また、下2枚の写真のように夜もとてもきれいです。閉演直前はパーク出入口付近が混雑するので早めに退場してホテル周辺のイルミネーションを見ながらお散歩するのが子連れの私たちにはとても良かったです。

夜のディズニーランドホテル
パーク入り口前の広場から花火も見れました

ディズニーランドホテル宿泊のデメリット

唯一のデメリット それはもちろん…「費用」です

悪いところを探す方が難しいディズニーランドホテル。満足度は100点満点でしたがもちろん「もっとこうだったらいいのに…」という点はあります。はい、費用です。

日本のディズニーランドホテルやホテルミラコスタほどではないと思いますが、それでも周辺のホテルに比べるとずいぶん価格が上がります。

実際にかかった費用

私がディズニーランドホテル宿泊にあたって実際にかかった費用を紹介します。

条件:

  • クラシックルーム(オーソドックスなファミリー向けルーム)
  • 食事なし、チケットなし(チケット購入に関しては「パーク編」を参照)
  • エクスペディアを介して予約
  • 混雑回避のため平日宿泊(木金と連泊)
  • AMEXクーポンを使用して8%オフ

 以上の条件で、宿泊費用は92,248円(1泊あたり46,124円)でした。税金などもコミコミです。

これは食事なしの料金なのでレストランで食事する場合は当然追加でお金がかかります。

私の場合はレストラン「Invention」でディナービュッフェとモーニングビュッフェを1回ずつ食べましたので、ディナー138€(大人1人あたり69€)モーニング68€(大人一人あたり34€)がそれぞれ追加でかかりました。

当然食事を外でとればもう少し費用を抑えることができますが、上述の通りレストラン内でのキャラクターグリーティングの素晴らしさが半端じゃないので、最低でも1度は記念にホテル内レストランで食事することをオススメします。

子連れディズニーランド宿泊 まとめ

色々と書きましたが、まとめるとディズニーランドホテル宿泊は特に子連れには最高にオススメです。

  • パークに近いのでギリギリまでプライベートなホテルの部屋でくつろげる
  • 再入場が簡単。疲れたら途中で休むことも可能
  • ディズニーの世界観を損なわない内外装は、パークから出ても夢の世界にいる気分にさせてくれる
  • なんといってもキャラクターグリーティングは待ち時間ほぼナシで最高
  • 周辺スペースで子供を楽しく遊ばせる(疲れさせる)ことが可能

個人的には費用はかかりますが、それ以上の価値は十分にあったと思います。

もしまた次に行く機会があったら必ずまたディズニーランドホテルを利用すると思います。

 

次回に向けてあえて反省をするとすれば、ホテル内のプールやスパが結構良さそうだったので今度は水着持参で行きたいなということぐらいでしょうか。

とにかくオススメです!

 

関連記事のパーク編はこちらから↓

旅行
スポンサーリンク
ヤリイカをフォローする
スポンサーリンク
フランス駐在員 ヤリイカのブログ

コメント