フランス 風邪や頭痛などで困ったときに薬局で買える薬の紹介

パリ生活
スポンサーリンク

異国の地フランスで風邪や頭痛を発症、「でも病院にはあんまり行きたくないな・・・フランス語(英語)だし予約もいっぱいだし」というときに便利なのがフランスの薬局の存在です。

フランスを含めた海外は、病気(風邪や頭痛といった一般的なもの)のときに医者ではなくまず薬局に行って薬剤師に症状を相談して薬をすすめてもらうことが多いです。セルフメディケーションといって自分の体は自分で守る(治す)といったセルフケアの意識が浸透しています。もちろん症状によっては医師に見てもらわないといけないこともありますので、その際は薬剤師が医師への受診をアドバイスしてくれます。

薬局で買える薬はOTC(Over The Counterの略)医薬品といわれていて、薬局のレジカウンターの奥に薬が並んでいる様子に由来しています。

今回はフランスの薬局で買えるOTC医薬品(一部雑貨や食品)の紹介をしたいと思います。随時追加していきます。

※記事の内容はあくまで一般論によるものなので、個別の症状についてはかかりつけの薬剤師あるいは医師に必ずご相談ください

スポンサーリンク

はじめに-1:海外では配合剤よりも単剤の薬が多い

日本にいると風邪のときには「パブロン」だったり「エスタック」といった総合感冒薬を服薬することが多いと思います。これはいくつかの成分が含まれている配合剤といわれるもので、1つの錠剤(あるいはシロップ、顆粒剤など)に頭痛に効く成分、咳に効く成分、カフェインやビタミンなどが一緒になって入っています。

海外では、実はこうした総合感冒薬のような配合剤は少なく(無いわけではないですが)、どちらかというと1成分1製品の単剤が主流です。

これは上述したセルフケアの意識の違いがたぶん起因していて、ただ単に「風邪を引いたから薬をください」ではなくて、「鼻水が出ている、でもたいしたことはないので薬はいらない」「のどが痛い、我慢できないので薬で対処したい」と自分の症状をしっかりと理解し、自分で薬で治療するかしないかを決めるという文化から生まれている違いだと思います。

ですので薬局に行った際にも、「風邪薬をください」と言っても「どういう症状があるか?」を必ず聞かれるので、答えられるようにしておく必要があります。

はじめに-2:日本と用法用量が異なる場合がある

注意点として、たとえ同じ成分であってもフランスと日本では用法用量が異なる場合があります。

例えば以下でも紹介しているイブプロフェンなどは、フランスでは1回400mg/1日最大1200mgまで服用できますが、日本の場合だと1回最大200mg/1日最大600mgまでしか服用できません。

医薬品の適正な用量は基本的には人種ごとに臨床試験で確認されてそれぞれ設定されています。

知らず知らずのうちに日本人にとっての適正用量を超えて服用してしまう場合があるので注意が必要です。

症状別 薬局で買える主な薬の紹介

発熱や頭痛・疼痛などの痛みに(解熱鎮痛薬など)

Doliprane (ドリプラン)

フランス人大好きDoliprane(ドリプラン)

成分名 パラセタモール(英名)、アセトアミノフェン(米名)
日本で同じ成分の医薬品 カロナール(医療用)、タイレノール(OTC)など

日本だと医療用医薬品(医師の処方箋がないと買えない薬)が「カロナール」として売られていますので、ピンと来る方も多いかもしれません。日本の総合感冒薬(ファミリーユースのもの)にも多く含まれています。

フランス人は本当にこの薬が大好きで、ドリプラン信者と私は勝手に呼んでいます。「とにかく熱が出たらドリプラン飲んどけ」が彼らの合言葉です。

成分自体は非常に古くからある成分なのですが、いまだに現役で使用されています。

常備薬として人気なだけでなく、医師も老若男女問わずにドリプランを処方します

私が日本にいたころは、解熱鎮痛薬でロキソニンでもなくブルフェン(イブプロフェン)でもなくカロナールを処方されたらなんだがガッカリしたものですが、フランスではまだまだ現役です。

上の写真のものは甘いシロップで、体重別に適量を投与できるようなシリンジが付属しており、小さい子供から飲むことができます。そのほかにも錠剤をはじめとした様々な剤形があります(例えば以下は水に溶かして飲むタイプの錠剤)。

Advil(アドヴィル)

成分名 イブプロフェン
日本で同じ成分の医薬品 ブルフェン(医療用)、イブ(OTC)など

日本でも非常にメジャーな成分イブプロフェン。「イブ」の成分だというとほとんどの人が知っているのではないでしょうか。日本の総合感冒薬(値段が高めのパーソナルユースのもの)にもよく含まれています。

この製品は体重30kg以上(11-12歳)であれば服用可能で、1カプセルあたり400mgで1日3回最大1200mgまで服用できます。服用感覚は6時間空けないといけません。

日本の場合だとブルフェンは医師の指示のもと5歳から服用できますが、イブなどのOTC医薬品は15歳以上しか服用できませんので異なります。また、日本では一錠最大200mg、一日最大600mgまでしか服用できませんので、海外の用量がいかに多いかがわかります。

私は基本かぜで熱が出たりのどが痛いときはこれを服用しています。

Ibupradoll(イブプラドール)


上記Advilと同じ成分(イブプロフェン)の製品です。

たんが絡むせきなどに(去痰薬など)

Mucoplexil(ムコプレキシル)

成分名 カルボシステイン
日本で同じ成分の医薬品 ムコダイン(医療用)など

カルボシステインは気道粘液調整作用、粘膜正常化作用によりたんを出しやすくする成分です。日本で風邪で病院にかかると処方されるケースが非常に多い成分です。日本のOTCでは単剤はありませんが一部の総合感冒薬に含まれています。

日本だとカルボシステインのドライシロップ剤などが小児に対して処方されることがありますが、フランスでは15歳以上しか服薬できません。海外よりも日本のほうが処方されている範囲が広い珍しいケースです。

しかし用量はフランスのほうが多くて、この製品は1回15ml(カルボシステイン750mg)を1日3回ですが、日本のムコダインは1回500mgを1日3回で処方されることが多いです。

私はかぜでたんの絡む咳が出るときはこれを服用しています。

カルボシステイン5%(商品名なし)

上記、Mucoplexilと同じ成分(カルボシステイン)の製品です。

Phytosun aroms シロップ

成分名 ウスベニタチアオイ(マシュマロの原料になる植物)抽出エキス+蜂蜜 
日本で同じ成分の医薬品 なし 

海外では西洋ハーブとよばれる植物が医薬品として使用されることが多いですがこれもその一種です。

また蜂蜜も一般的に子供の風邪の治療によく使われるそうで、私もフランスで子供が風邪を引いて小児科に連れて行ったときに小児科の先生から「蜂蜜飲んどきゃ治るよ!!」といわれたことがあります。

フランスには蜂蜜系のサプリが薬局にたくさん並んでいます。

1歳から使えるのが特徴です。

きずなどの外傷に

Hemoclar(ヘモクラール)

成分名 ペントサン・ポリサルフェート
日本で同じ成分の医薬品 なし 

転んだ際の青あざなどに塗ると治りがよくなるそうです。薦められて買いましたがまだ使ったことがないです。。

鼻みずに

鼻うがい用の生理食塩水と専用機器

日本でも一部で熱狂的なファンがいるという鼻うがいですがフランスでは割と一般的なようです。

鼻水がすごくて会社の医務室に行ったときにもらいました。

生理食塩水をつくる素みたいな顆粒が入っていて、それを溶かした水道水をこの機器にいれて鼻うがいをします。

子供用鼻うがいスプレー

これもフランスでは一般的に使用されているようです。スプレータイプの生理食塩水あるいは海水(この製品は100% natural sea waterと書いているので海水でしょうか)を子供の鼻に噴霧して使います。

のどの痛みに

Strepsils(ストレプシル)

成分名 ジクロロベンジルアルコール+アミルメタクレゾール 
日本で同じ成分の医薬品 なし 

のど飴のように舐めるもので殺菌成分などが入っていて結構効きます。個人的には日本のVICKsやのど飴よりもよく効くのでかなり気に入っています。日本に帰国する際にはいくつか買って帰ろうかなと思っているくらいです。

6歳以上しか使えません。色々フレーバーがありますが、これはハニーレモン味です。

まとめ

以上フランスの薬局で買える主な薬を紹介してみました。

まだ使用したことがあるものが少ないですが、今後購入することがあればまた追加したいと思います。無いほうが望ましいですが!

冒頭に書きましたが、迷った際には薬剤師さんのアドバイスに従うことが大事です。聞くと結構親切に教えてくれるので助かります。

コメント