日本人デスク有!ケスデパーニュでパリ銀行口座開設

駐在準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何かと必要になる現地口座 日本語でスムーズに済ませませんか?

 駐在開始前に事前に日本語でスムーズに現地口座を開設できる銀行があれば助かりませんか?ケスデパーニュ(Caisse d’Epargne)だと可能です!

 私の場合は会社の規定で現地口座が必須(旅費などの経費精算の振込が現地口座宛しかできないため)で、「フランス語が話せないしまだフランスの住所も無いのに作れるかなぁ」と不安でしたが日本人デスクの方々のサポートのおかげで何とかなりました!

 今回は私がケスデパーニュで口座開設するに至った経緯と実際に口座が開設されてカードを受け取るまでの手続きについてまとめました。

どの銀行の口座を開設するか?日本人向けオススメの選び方

 私が現地口座を開設するにあたって一番重視した点は以下2点でした。

事前(本格的にフランスに住み始める前)に口座開設したい!

 駐在がはじまって本格的にフランスに住み始めると、生活が軌道にのるまでにたくさんやらなければならないことがあります(詳しくは以下の記事参照)。

 ほとんどの人がそうだと思いますが、フランスに着いてからよりも出発前の日本にいる間のほうが時間に余裕があると思うので、赴任準備全般において「やれることはなるべく日本にいるあいだに済ませてしまいたい」というのが私の強い希望でした。

 フランスの住居が無くても口座開設できる銀行は「HSBC」と「ケスデパーニュ」

 私の場合は会社が斡旋した業者のエージェントが引越しや銀行口座開設といった手続き全般をサポートしてくれたのですが、エージェントに「フランスの住所無しに事前に口座開設したいです」とリクエストした結果提示された銀行が「HSBC」と「ケスデパーニュ」でした。

 最終的に私がケスデパーニュを選んだ理由は次の項でご紹介しますが、いずれの銀行も「最低一度は実際にパリ市内の銀行に足を運ぶ必要があるもののフランスでの住居がまだ決定していない段階で口座開設が可能」という点では私の希望に合致していました。

 おそらく駐在員の方だけでなくワーホリや学生ビザの方でもたぶん一度は事前にフランス現地に行くと思うので、その際に事前に銀行口座を作っておくと楽なんじゃないかと思います。あとで実際に入国後に住居が決定した時点でその証明書などを持って住所変更してもらえばOKです。

開設後のサポートも考えて日本人スタッフがいる銀行を希望!

 私の場合はこれがHSBCとケスデパーニュという2つの選択肢から最終的にケスデパーニュを選ぶことになった決め手でした。

 口座開設した後に何かトラブルがあったときやいつか解約するときのことも考えると、やっぱり日本人スタッフがいて日本語でサポートを受けられると安心です。

 1区のケスデパーニュにはジャパンデスクがあって日本人スタッフが常駐しています。リンクはこちら。

ジャパンデスク - Ile-de-France - Particuliers - Caisse d'Epargne

 結果、「フランス住居無しで口座開設可能」「日本語サポート」の2つの条件をクリアしたのはケスデパーニュだけ(2018年6月時点の情報です)だったので私はケスデパーニュで口座開設しました。

実際の口座開設~カード受取まで

必要書類一覧

 駐在員である私の場合は以下書類が口座開設に必要な書類でした。ワーホリや学生ビザの方だと少し異なるかもしれないので、ジャパンデスクに確認されることをおすすめします。

  1. 身分証明書 パスポート
  2. 住居証明書 日本住民票もしくは運転免許証など(日本語の書類でOK)
  3. 経済証明書 最新の給与明細書もしくは源泉徴収表(日本語の書類でOK)
  4. 日本の税務番号 マイナンバー12桁

日本とは異なるフランスの銀行口座システム

 私は全く知らなかったのですが、日本とフランスでは銀行口座のシステムがいくつか異なりました。他の国はどうなんだろう?

クレジットカード(VISA)とキャッシュカードが一体化している

 フランスはクレジットカードとキャッシュカードが一体化しているのが一般的だそうです。日本だと一部そういうカードもありますが、基本は別々ですよね。

 ちなみにほとんどの銀行でゴールドカード(決済金額が多い)カルトブルー(一般)の2種類を用意しているそうで、ケスデパーニュも同様に2種類から選ぶことができました。

口座利用手数料が毎月かかる

 一番驚いたのがこれです。毎月口座利用手数料がかかる。ただし、日本と違ってお金を引き出すときに手数料はかかりません(深夜とかに試したことはないけどおそらくかからない・・・はず・・・)。あとは利息もフランスの方がかなり良いです。というか日本の銀行の利息は・・・

 ゴールドカードとカルトブルーで毎月の口座利用手数料が異なっていて、決済金額とあわせると以下のようになります。


 特にゴールドカードを選ぶ理由がなかったので、私はカルトブルーにしました。

 なお、口座開設後1年間は口座利用手数料が半額になります。毎月きっちり引き落とされています。

カード使用時の暗証番号は自分で決められない

 ケスデパーニュに限ったことかは分からないのですが、カードの暗証番号が自分では決められません。後述しますが暗証番号は口座申込後に送られてくる用紙に記載されていてそれを覚えておく必要があります(変更できないそうです)。

 いつも使う暗証番号とちがうので、今でも入力する度にちゃんと覚えているか不安になります・・・。

口座開設申込日当日の流れ(赴任前)

 私の場合はエージェントが私に代わってジャパンデスクに予約を入れてくれたのでアポイントには関わっていないのですが、ジャパンデスクに電話あるいはメールすれば丁寧に対応してくれるはずです。とても親切なスタッフさんたちです。 

 さて当日1区にあるケスデパーニュを訪問。写真はないのですが、普通のオフィスビルのような佇まいで日本の銀行とは見た目が大きく異なりました。

 道路沿いにインターホンがあるので、ジャパンデスクにアポイントがある旨伝えると応接室のようなところに案内してくれました。もうここから全て日本語です

 書類を提出し、一通り口座の種類や金利、口座管理手数料について説明を受けます。その後、契約関係の書類が出てくるのでサインをします。契約書やパンフレットはフランス語でしたがスタッフさんが丁寧に説明してくれます。

 およそ1時間ほどで全ての手続きが終了し、日本の住所宛に関連書類(暗証番号を記載した用紙など)を送る旨とカードや小切手が出来上がったら通知がいくので取りにきてくださいと言われます。

カード受け取りと住所変更の手続き(赴任後)

 カードができたという通知はおよそ2週間後くらいに送られてきました。暗証番号が書かれた用紙もすぐに送られてきたと思います。

 実際の赴任は口座開設申し込みから2ヶ月ほど後だったので、スケジュールには余裕がありました。受け取りにあたってはメールでジャパンデスクにアポイントをとりました。

 さて実際の受け取り当日ですが、以下の書類が必要になります(住所変更と同時の場合)。

  1. 身分証明書 パスポート
  2. フランスの住居が確定している場合その賃貸契約書

 カードと小切手を受け取って数分で終了。実際に受け取ったカードがこちら。

ケスデパーニュのカルトブルー(2018年?限定デザイン)

 本来カルトブルーはどこの銀行のカードもその名のとおりきれいなブルーの色をしているそうなのですが、ジャパンデスクの人曰く、ケスデパーニュは毎年限定デザインをだしていてそれが結構人気だそうです。

 私はその限定デザインを選択したのでカルトブルーといいつつブルーはほんの一部しかない派手なカードになりました。

 カード中央左下部分に書かれている「CB」というマークがカルトブルーのマークで、だいたい小さな商店から大きなスーパーまでどこにでもこのマークのシールが貼ってあり、カルトブルーが使えることを示しています。あとは右上のWiFiみたいなマークがコンタクトレス(非接触)決済のマークで、対応しているレジであればわざわざカードを読み取り機に挿して暗証番号を入力することなく一瞬で支払いができます。

 結構お店とかで店員さんから「コンタクトレス使える?」みたいなことを言われることがありますのでこれは便利です。(日本のカードでもマークがあればできます)

結論:ケスデパーニュおすすめです!

 以上、私のケスデパーニュ口座開設についてまとめてみました。結論、ケスデパーニュおすすめです!

 店舗数も多いですし、一度現金がATMで引き出せなかったときもジャパンデスクに電話して日本人スタッフに助けてもらったことがありました(結果ATMが引き出しに対応していないだけだった)。その他不満は全くありません。

 ご参考になれば幸いです。

コメント